2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.09.29 (Fri)

サンマカーニバル

まぁダジャレなんだけどさ。

浅草サンバが終わったころから盛り上がり始めるもう一つのカーニバルです。

あ、そうだ皆さんお久しぶりです。
お元気でしたか?

前回の更新が3/28なので、半年ぶりですわね。僕は主に引っ越しと浅草サンバと仕事してました。


引っ越しは横浜から再びの墨田区です。前にすんでたときより外国人観光客が増えてる気がする。


ところでサンマカーニバル。

"カーニバル (Carnival)" って単語の造りになんですが、

カーニバルというのは

Carne (肉) の!
肉の!
バル???

なんですよ。

肉バルなんですよ!
肉ヴァルなんですよ!


ヴァルって何ですよ、、、?

人類の夢
マンガ肉再現ツール

を手がかりに。

ラテン語の "Carne, Vale! / 肉よさらば!" から来てるのですって。

普通に手持ちの辞書にも書いてあった。
何故に「さらば」なのかはまたあとで説明するとして。

このCarne / カーニ、肉、狭義では動物の赤身肉なんですよ。

単発でカーニって言ったら、牛肉です。圧倒的牛肉です。
日本でも「肉を食べに行く」と言ったら圧倒的牛肉でしょう。

後輩に良いとこ見せようと「お前ら、今日は肉を喰わせてやる」とケンタッキーに連れて行ったらどうなるか、想像に堅くないですよね?
(マックだったらいいのか、という疑問は置く)

それなりの金銭を支払ったにも関わらず、尊敬を損なう。

我が友人に言わせれば、死んだ金の使い方です。
2万円近いテトリスのコスプレを買い、二度と使わないぐらい死んだ金の使い方です。


まぁ僕だけど。




サンマカーニバルに話を戻します。

ここで取り上げたいのはつまり、サンマは肉なのか?ということです。

「メインは肉にしますか、魚にしますか」
という台詞からもわかるとおり、世の中的には魚を肉とは別のものとして捉える風潮がございまして。

これはブラジルでも同様。

そうすると、カーニバルのカーニにサンマは含めていいのだろうかという疑問がわいてきたのであります。

アンゴラ(註)のジェズス・シウヴァさんも似たような疑問を持ったようで、こんなやりとりを見つけました。

https://ciberduvidas.iscte-iul.pt/consultorio/perguntas/carne-de-peixe/31665


Será que é correcto dizer «carne de peixe»?
(「魚の肉」っていう言い方は正しいのでしょうか?)

これに対して、マルタ女史が回答しています。

É, de facto, correto dizer-se «carne de peixe», porque o termo carne designa, também, «parte musculosa comestível do corpo de certos peixes e crustáceos»


結論から言うと、「魚の肉」という言い方は正しいです。
肉(carne)と言う単語の定義には、「食用となりうる、魚類や甲殻類の筋肉部という意味もあるからです」




回答はまだ続くのですが、とにかくサンマをカーニバルすることに問題は無いようです。


なぁんだ。


しかしマルタ女史があげた例文をみてもう少し思うところが。

例文の"carne"に「肉」って単語をあてて訳すと


«O pargo tem uma carne muito saborosa.»

"鯛の肉はおいしい"

«Gosto muito da carne branca da lagosta.»

"ロブスターの白い肉が好きだ"


・・・・あれ?

なんか変だぞ。

これは「肉」ではなく、「身」とするべきところだぞ。


鶏肉、豚肉みたいに魚肉という機会なんて、スケトウダラなどの冷凍すり身50-60%に、豚脂、調味料と香辛料を混ぜ、練り合わせたものをケーシングし、レトルト殺菌釜で高圧高温殺菌を行った棒状の食品を指すときぐらいだぞ。


あ、そうか。
陸の動物の筋繊維と海の生き物の筋繊維を区別するのは、日本語のほうだったのか。

縄文時代にはナウマン象やヘラジカの肉を食べてたというし(マンガ、人物日本の歴史的より)肉そのものはそんなに縁遠いものでもないかとおもうのだけど。

しかし勉強になるぞなまくらにとうりゅう。

と、言うわけで豆知識!



・アンゴラ

ポルトガル語圏の国の一つ。

ポルトガル語圏の国は
アンゴラ、ブラジル、カーボベルデ、ギネ・ビサウ、モザンビーク、ポルトガル、サントメ・プリンシペ、東ティモール。

東ティモールと僕は誕生日が同じです。



・肉よさらば
日本語で謝肉祭と訳されるカーニバル、カトリックのお祭り。
このお祭りが終わったらしばらくお肉が食べられないの。

だもんで、肉よさらば。

カーニバルを「謝肉祭」と訳したセンスには脱帽しますが、そのチョイスには「いただきます」に近い発想があったのかもしれません。

ありがとうさようなら、肉。



なんだかサンマを焼いて食いたい。







ぺこ。
スポンサーサイト
18:46  |  日常  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.03.28 (Tue)

そういえば20年前の今日

1997年3月28日
19時40分成田発
ヴァリグ・ブラジル航空、便名わすれた。

とにかく、

20年前の今日、ブラジル留学に向けて出発したのでした。

そして19年前の明日帰ってきます。


「人生を変える体験」って言われるの、実は好きじゃなかった(だって、先の事は確定してないのに"変える"って言われるの、おかしくない?)

んですが、

いま自分がサンバやってて、翻訳シリーズなんてものを書いているのは、20年前の今日から始まった一年間があったからってのは否定できませんなぁ。


家に帰れば当時のパスポートとか日記とかあるんだけど、いま新幹線の中なのでノーピクチャー。


でも今日を逃すとこのエントリー書けないしね。

今は愛知県上を走っていますが、20年前の今頃は太平洋上です。

給油と補給のためにサンフランシスコで1時間ほど下ろされたんですが、そこで飲んだコーヒー、不味かったなぁ。

サントスへサッカーしに行く小学生の一団がいたなぁ。

隣は日系ブラジル人の人だったなぁ。


525,600 分 × 20回。

BGMはミュージカル「レント」サウンドトラックより"Seasons of Love"でお届けしています。


あんまりガラでもありませんが、FC2のサーバーをお借りして、国際ロータリークラブ2590地区の皆様と、池尾先生と、何より両親に感謝の言葉を贈りたいとおもいます。

ありがとうございました。






ぺこ。








20:20  |  日常  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.02.12 (Sun)

焼ソバ焼ソバ鉄火マキ

ヤキソバ、ヤキソバヤキソバ、テカマキ!
ショーヨー


曲はこちら。




先日のサウジ・サウダージのライブ。

僕らはステージ上にスタンバイ。
そこにミスターナカハラの采配で流れてきたのが今回の題材。

サビを漢字にします。

焼蕎麦、焼蕎麦焼蕎麦、鉄火巻!
賞~与~。

まぁ賞与じゃなくて醤油だろうねと思いはしますが、発音は賞与だし、歌詞カードもShoyoだし、ポルトガル語で醤油はShoyoです。

それか、大豆ソース(molho de soja)。

日本語の音→ブラジル人がポルトガル語で書く→ブラジル人が読む→日本人が聞く

というプロセスを踏めば、この程度の歪みは当然。


背面ストライプのタロイモってなもんです。

で、今回はこれを訳そうかなと思ったんですが、Naver まとめで訳文みちゃった。

その訳文がてんでデタラメだったら自分で書くんですが、ちゃんとしてた。

出典元にリンクしたかったんだけど、まとめにかかれてるリンクが切れてて、検索しても転載先ばかりで大元にたどり着けなかった。

なんだかね。

と、いうわけで歌詞と訳文は引用 (又引き)



Japonesa vou dizer arigatô   
ジャポネーザ、礼を言うよアリガトウ
Eu anteontem comi o seu sushi
おととい君の(君という名の)寿司を食べた
Perdidamente apaixonado estou
俺は血迷ったみたいに君に夢中さ
Eu quero ser o seu amado
君に愛されたい
Quero ser seu tamagochi
君のタマゴッチになりたい


Me dê carinho
やさしくしてくれ
Dê beijinho
キスしてくれ
Com jeitinho
エッチな感じで
Me prepara a madeira
僕にお酒を少しと木を用意してくれ
Com um pouquinho de saquê
Tô aprendendo a comer de palitinho
箸で食べる練習しているんだ
Vou largar a capoeira
カポエイラをやめて空手をするよ
E praticar o karatê


Oh minha gueixa
あぁ 俺の芸者~(オミヤゲって聞こえる)
Sei que eu não posso me queixar
逆らえないのは分かっている
Mas realmente eu fiquei sem dinheiro algum
だけど本当に一文無しになってしまった
Não tenho um real
1レアルすらない
Você também não tem
君もお金がない
Nenhuma moedinha de yen
円硬貨一枚たりとも


Yakisoba, yakisoba やきそば、やきそば
Tekamaki 鉄火巻き
Yakisoba, yakisoba
Kani かに~
Yakisoba, yakisoba
Tekamaki
Yakisoba
Shoyo (x8) 醤油~




さて、他人様の書いた訳文に注釈をつけるのも変な話ですが、訳注です。


(ここでコマーシャル)

深夜の打楽器ひっぱたきイベント「エンサイオ・テキニコ」
2/25夜より開催!




(コマーシャルここまで)


まず最初に言っておきますが、セウ・ジョルジは2005年に来日しています。(行きたかった)

ですんでこれはブラジル人向けに意識的にデフォルメした歌詞でしょう。

歌詞に出てくる日本語も、だからブラジル人に取って馴染みのある日本語な訳です。

たまごっちとかも。

僕がブラジル行く前だから、20年ちょい前だなたまごっち。
品薄で価格が高騰したんすよあれ。

で、ブラジル行ったら「タマゴッシもってる!」って言われた。


たまごっち→Tamagocchi
ブラジル人が予備知識無しに読むと"タマゴシー"になります。

しかし、オリジナルの音はタマゴッチと、ゴにアクセントなもんで"タマゴッシ" になったんですなぁ。


ほーーー。



Cが重なるのは彼らにとって不自然だから、綴りもTamagochiに変わったんじゃないかな。


調べてたら、こんな店があった。
Tamagochi Sushi Garden


日本にもそこらに「博士」って喫茶店があります。


タマゴッチを始めとして外来語は、ポルトガル語の規則から外れた読み方になることも多いです。ですよね?プーさん。いや、Poohさん。


「あいつら普段"h"読まないくせに、こういう時だけ読むんだよ!」


と言ってた先輩(美人)の言葉が忘れられません。


皆さんも、ブラジルでプーさんグッズを買うときは、「プー」ではなく「プーフ」と最後のhを発音しましょう。

でないと「アァン?アァン?」と何度も聞き返されたあげく、「アァ!プー」と最後にアクセント置かれてドヤられることになります。


日本語ネイティブとしては、どうしてもヤキソバ以降の部分が印象づけられてしまいますが、

Yen Yen Yen Yen ~

ってリフレインもなかなか破壊力ある。
チャリーン!


と、いうわけで今回はこの辺で。






ぺこ

23:21  |  翻訳シリーズ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT