FC2ブログ
2010年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.08.03 (Tue)

なつごはん

8月になりました。


僕の友人が誕生日なのでお祝いでも、と思って連絡したら、夜は働いてるので店に来い、と。
店にきて何かおごれ、と。


で、行ってきました世田谷区経堂。
お店の名前はパクチーハウス東京

1品目は辛み醤油でいただくパクチー生春巻き。
エビが一匹、あとパクチー。
前歯でざくりと噛みきれば口から鼻へと抜ける草原の香り。

最初に頼んだビールの産地はジャーマニー。
しびれる舌の上を転がせば、ほのかに香るコリアンダーの香り。

Yeah.


ラップの才能ないな。


2品目はパクチーと小柱のかきあげ。
パクチーの辛みは油の熱で和らぐかわりに、
隠れた甘みと少しの焦げた苦みが奥歯から前歯まで敷き詰められまして、そこにジュっと絞り出される貝柱の旨み。

シメの3品目はタイ風酸っパク飯。
麺!も可。
汁単品!も可。
トムヤムクン loves パクチー、的な。中にぱらぱらとしたタイ米。
なお、スープとパクチーは別皿で提供されます。

「追パク!」

とお願いすると、パクチー追加です。
ごろんとしたマッシュルームをスプーンですくってつるっと吸い込むのもいとをかし。


ただし青唐辛子には気をつけて。


トムヤムクンしかり、酸辣湯しかり、辛くて酸っぱいものほど夏の体が欲するものってないですね。





2杯目は王道のチェコビール。
3杯目はマンゴーのフルーツビネガー。
4杯目は同じくブルーベリー。


なお、旅感を醸し出すためということで、生ビール以外のビールは小瓶で出されます。
僕は酒を飲むようになってから海外へ旅したことはないのですが、海外ビールの小瓶は学祭を思わせます。
シンハーとか、チンタオとか、ザグレブとかね。



あー、いちおう誕生日祝いで行っているので、友人に何が食べたいか聞いてみたところ生ビールが食べたいと。
仕事中なので、メガジョッキではなく小ジョッキで召しあがってらっしゃいました。





今日は夏らしいさわやかな晩ご飯。
満腹でございます。







げふ。






ぺこ。



P.S.
友人に生ビールを食べさせている間に、店内で展示されている海南島の写真展「あぽ」を拝見さしていただきました。
詳細はリンク先をご覧ください。
スポンサーサイト



23:30  |  日常  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |