FC2ブログ
2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2016.12.24 (Sat)

来年一月のバイリ・ダ・モシダーヂはちょっと本当に楽しいし他では体験できないだろうからdoBって書かれたTシャツ着て遊びに来たらいいよ、とか

騒いだって年末、皆様いかがお過ごしでしょうか。


私は主にドライブをしたり、釣りをしたり、アダマンタイマイを退治したりしています。

ゲームの話です。


そのエンディングについて賛否あるようですが、たとえば映画タイタニックでも使われてる手法だし、アリだと思いますよ、私は。



さて、こないだのクリスマス、mocidade vagabunda(モシダーヂ・ヴァガブンダ)のサイトがリニューアルされました!

http://mocidade.jp/


あと、Tシャツ、スマホケースなんかのグッズ販売も始まってます。

https://suzuri.jp/mocidadevagabunda/omoide/7352

このエントリーのタイトルにあるTシャツはこちら




このブログ、そういば告知用ブログとして立てたので、その役目を果たそうとおもいます。


来年1/13は6年ぶりの開催、doBさん主催のmv式DJダンス・パーティ "バイリ・ダ・モシダーヂ"


http://mocidade.jp/information/185







そして来年2月11日はJ-WAVEのラジオ番組、サウジ・サウダージのライブに出演します。


http://mocidade.jp/information/616






遊びにおいでよ渋谷クアトロ。



----------------------------------

あとわずかで今年もおしまい。

日々、脳裏をよぎるくだらないフレーズのなかで、まだ覚えているものが二つだけあるので、書き出してしまおうと思います。


こんなもの持ち越してたまるか。


・ダンブルドリャ!

他にダンブルドヤ!ダンブルウリャ!、ダンブルソイヤ!など。

ネット上で流れてきた「ダンブルダァ!」に毒されたものと思われます。


ダンブルダァ、優しいおじいちゃんかとおもいきや、目的に対して冷徹なまでにブレない男でした。




・ユナイテッドステイツオブガンダム


どうした?おれ。



うん、まぁ、ガンダム37年。ガンダムと名の付くものはたっぷりいますわね。


"ジャスティス(ガンダム)"とか"フリーダム(ガンダム)"とかモロにユー!エス!エー!ですものね。


そんなガンダムシリーズのなかでもGガンダム(ジーガンダム)っていう、ガンダム界のキン肉マンみたいな作品があります。

各国代表のガンダムが国際試合を繰り広げるお話。

途中から試合そっちのけで世界を救うのがGガンダム。
最後まで試合形式で超人界を救うのがキン肉マン。

どちらも突っ込みをいれながら楽しむスタイルの娯楽作品です。

名前だけ見てみましょう。

中国

ラーメンマン
ドラゴンガンダム

ギリシャ

パルテノン
ゼウスガンダム

インド

カレクック
コブラガンダム



その他各国のガンダムいろいろ
http://www.g-gundam.net/mf/


ウルトラマンの怪獣の如く、基本的に出番の少ないガンダムほど一発芸に秀でていき、「ガンダムとは?」という根源的な問いを残していきます。

風車小屋に手足と顔をつけたオランダ代表、魚の着ぐるみを来たデンマーク代表など、デザインの面からも「ガンダムとは?」という問いを残していきます。


そんなGガンダムで一番印象に残っているシーン

・最終回のガンダム大集合で画面にチラ映りしたカニ。


カニ。




よくみたら他にエビとエイがいた。

エイに至っては布かぶってるようにしか見えない。メジェドみたいな構造だろうか。


有名どころでは、オバQ、サービスマン、エリザベスあたりがメジェド構造をもっています。

なんだよメジェド構造って。



他にも

・風車小屋に擬態して決勝まで生き残ったオランダ代表

・主人公カップルの放った必殺技により、ハートをハート型に打ち抜かれて撃破されるラスボス

など。

諸君、これが90年代だ。







一方のキン肉マンシリーズで一番印象に残っているのは39巻のステカセキング。


"同窓会で久しぶりに会ったら美人 / イケメン / 医者 / 弁護士 etcになってて驚いた" 枠。


"ギャグ担当とみくびられ
時の流れは過ぎれども
背中に背負ったカセットの
メンテを欠かした事はなし"


それでは聴いていただきましょう。
ステカセキングで



「マッスルインフェルノ」









ステカセぇぇぇー!!


思わず熱くなったぞこの時は。



ステカセキングについて、こちらで愛ある記事を読むことができます。

http://oreryu.eco.to/ore-kin/40ste_case_king.htm


新シリーズのキン肉マン(コミックス38巻以降)、アトランティスとかスプリングマンとか。懐かしいメンツがいろいろと活躍するのでお勧め。


最新57巻の配信はじまりました。やばいちょっと泣ける。

はい。



ちょっと話を戻して、冒頭に書いたゲームのエンディングの話。





ちょっと思ったんですけど、ラストの結婚式の部分だけが現実で、あとは全部父親の妄想って事にしたら、双方丸く収まるんじゃないでしょうか?


今年もいろいろありましたが、今年の始めの事なんてロクに覚えてられやしませんのでご安心を。


それでは皆様、良いお年をお迎えください。




ぺこ。


スポンサーサイト



23:22  |  mocidade vagabunda  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |