FC2ブログ
2020年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2015.06.07 (Sun)

涙は水とは限らない

前回のエントリー で訳をかいた、Não Deixe o Samba Morrer, それと併せて聴きたい曲、マンゲイラの薔薇と緑の生みの親、Cartola / カルトーラを代表する曲の一つです。

「Pranto de Poeta / 詩人の涙」

カルトーラと言ったら、コーヒー、煙草、ティアドロップのサングラス。





cámaciさんもカルトーラに憧れてティアドロップのサングラスを買ったりしてました。

あと、カンタス村田とサンバマシーンズ(現Carnavacation)のカンタス村田 (現 村田匠、かつてmocidade vagabundaにタンボリンで参加) もセカンドアルバム"Opa"ではこのように。







僕も大好きなサンビスタの一人です。

今回の曲も先の画像のアルバム、"Verde que te Quero Rosa (邦題 愛するマンゲイラ)" に収録されています。

個人的に好んで使うフレーズ、「薔薇と緑のマンゲイラ」は、この"Verde que te Quero Rosa"を(薔薇を愛する緑)と訳した先輩の発想からいただいたものです。

原曲はこちら。





では、本題。

----------------------------

Pranto de Poeta


Em Mangueira
Quando morre
Um poeta
Todos choram

マンゲイラでは、
詩人が一人死んだとき
誰もが涙を流すんだ

Vivo tranqüilo em Mangueira porque
Sei que alguém há de chorar quando eu morrer

だからマンゲイラでは心穏やかに生きていける
だって俺が死んだときにも、きっと誰かが泣いてくれるんだぜ

Em Mangueira
Quando morre
Um poeta
Todos choram

マンゲイラでは、
詩人が一人死んだとき
誰もが涙を流すんだ

Vivo tranqüilo em Mangueira porque
Sei que alguém há de chorar quando eu morrer

だからマンゲイラでは心穏やかに生きていける
だって俺が死んだときにも、きっと誰かが泣いてくれるんだぜ

Mas o pranto em Mangueira
É tão diferente

ただ、マンゲイラでの涙っていうのは
一味も二味もちがうんだ

É um pranto sem lenço
Que alegra agente

それは人を楽しくする、
ハンカチの要らない涙

Hei de ter um alguém pra chorar por mim
Através de um pandeiro ou de um tamborim

俺のために涙する奴をつくらなくっちゃな
パンデイロやタンボリンを通して涙する奴をさ

----------------------------
今回は訳注無し。

マンゲイラについては、

これとか

これに

多少書いてあります。


カルトーラについては、日本語のwikipediaにも詳しく書いてあるので、とりあえずはそちらを参照していただくのが良いんじゃないかと思います。


サンバが死について歌うのは意外かも知れませんが、古いサンバには意外とあるのですよ。「枯葉」とか。

うん、今度は「枯葉」にしよう。
今回リンクを貼った「詩人の涙」の音源の終わりのところで、"Obrigado Nelson(ありがとうネルソン)" とCartola が言っていますが、「枯葉」はそのネルソン・カヴァキーニョの曲です。



おたのしみにー。









ぺこ。
スポンサーサイト



00:32  |  翻訳シリーズ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://2facasquenaocortam.blog108.fc2.com/tb.php/174-bed6b981

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |