FC2ブログ
2020年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2016.01.01 (Fri)

明けましテーーーーーー

ッキニコォウ!

今回は翻訳じゃないのさ新年おめでとうございます!


申年ですね。
サルといえば、mocidade vagabundaにはマンキーっていうキメがあります。

元ネタがサルゲイロですもんで。

全然関係ないけど、スペイン語の乾杯の挨拶はサルーー!

サンバはポルトガル語圏、サウーーヂ!
ないしはチン・チン!

一年半ぶりに、アレやるよ。

夜中に集まって、打楽器を叩いて遊んだり、叩いて遊んでる人の音で踊って遊んだり、DJの掛けるトラック群に乗っかって遊んだり、シンプルにお酒を飲んで遊んだり、そんな事を組み合わせて遊んだりする、

つまりは一晩遊びたおす為の、エンサ!(省略)

(フライヤー画像)



さらに、われわれ東京都渋谷区に進出いたしまっす。

アンダー・ディア・ラウンジ



ところで、一年半ぶりの開催なもんで、エンサイオ・テキニコってなに?って人も多いかと思います。

さっきテンション高めにざっくり説明した通りなんだけど、よく聞かれるのが

「バテリア(打楽器の人)だけですか?」

「初心者でもいいですか?」

「楽器やらないとだめですか?」

「山は死にますか?」

「ダンサーでもいいんですか?」

「山は死にますか?」

「踊れなくてもいいんですか?」

「山は死にますか?」

山は死にません。


いいですか?

僕らが、遊びに来る人の資質を問うようなお高く止まった団体な、わけ、ないでしょーよ。

エンサイオですから。
実験ですから。

詳細は後述します。


では、本題!

-------------------------------------

 Ensaio Técnico( エンサイオ・テキニコ) は、G.R.B.P. mocidade vagabunda が提案するリオ・デ・ジャネイロスタイルを取り込んだ真夜中のサンバ・パーティ。

DJsが織り成す音の洪水に身を任せて踊るだけじゃなく、フロアのみんながサンバ・パーカッションを手にグルーヴの真っ只中にダイブできちゃう完全参加型のイベント。

 2007年の#1から28回にわたって横浜で開催してきたこのパーティが、1年半のブランクを経て、遂に渋谷に初上陸!

 打楽器大好きなリズム・ジャンキーも、サンバの熱いリズムを体験したい未経験者も、ただただ踊り狂いたいあなたも大歓迎。腕に自信がある人も、楽器を触ったことない人も、1月の渋谷に集合!

「Ensaio Tecnico #29」
Date: 2016.01.23.sat 23:00open
Location: Under Deer Lounge (Shibuya)
Charge: 2,000yen + order
DJs: Oguri(VIENDA!) / MICCYAN(FRANTIC BROWN BEAT) /  TANACHU (Season/Alegre) / 浦野善勝 / MEGUMUSIX


出典
http://mocidade.jp/modules/bulletin/article.php?storyid=245

------------------------------
訳注
チン・チン
綴りはTim timです。乾杯の際にグラスが当たった時のオノマトペで、そのまま乾杯を意味する名詞にもなります。
口語表現ですね。

同義語にBrinde / ブリンジ。

"乾杯する" ならFazer tim tim。
ちなみにサウーヂ / Saúdeは乾杯をするときのかけ声で、乾杯その物を指すわけではありません。

"乾杯"をポルトガル語で何と言うのか問われた時に、含みを持って「Tim-Timだよ」と答えるのはみっともないのでやめましょう。

言うのなら、
胸を張って!
言うのです、
Tim-Timと!


Ensaio
エンサイオ

"実際にやってみる"という意味合いの単語です。
科学の授業なら実験。音楽なら、新しいフレーズを試したり、全体であわせてみたりするのがエンサイオ。

個人でやる基礎練なんかは、Treinamento / トレイナメントって言います。トレーニングですね。

新しいメンツでやってみる
いつもと違う環境に行ってみる
とりあえず音を出してみる
むしろ楽器を叩かずにみてみる
DJが音源を捌くのを見てみる


すなわち遊び方を試してみる。

良いんじゃない?そういうの。


Técnico
テキニコ

テクニコじゃなくて、テキニコ。

Panasonicはパナソニーキ。
Yakultはヤクウチ。

技術、テクニック、そんな意味の単語です。

二つ合わせて、エンサイオ・テキニコ。

技術実験。

たとえばこれは、今年のカルナバルに向けた、マンゲイラのエンサイオ・テキニコ。


本番の会場を使った、全体リハーサルですね。時間内に進行できるか、いろんな仕掛けはちゃんと動くか、みたいなポイントも試しておかないといけません。

僕らがやってるのとは、だいぶ趣が違ってますね軽やかに受け流す。


それでは皆様、本年もよろしくお願いいたします。







ぺこ。
スポンサーサイト



11:03  |  mocidade vagabunda  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://2facasquenaocortam.blog108.fc2.com/tb.php/194-686ed6a2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |